​2冊目の本

2冊目に予定している書籍のご案内です。

​次刊は『風と人類学』(仮)。

人類学者の調査地における「風」の概念を、世界のさまざまなフィールドから描く人類学的エッセイ集です。インドタール砂漠のトライブ、タイ山地民のムラブリ、アメリカ先住民のナバホなど、若手人類学者が調査したフィールドで遭遇した「風」とはどんなものなのか。

「風」という普遍的な自然現象から、民族知や人類学知に触れるための入門書です。

出版予定日/2022年12月

​販売価格/3000円(予定)